FC2 Online Web Service Open Redirect (Unvalidated Redirects and Forwards) Cyber Security Vulnerabilities

fc2_com_2

FC2 Online Web Service Open Redirect (Unvalidated Redirects and Forwards) Cyber Security Vulnerabilities

Domain:
fc2.com

“FC2 (founded July 20, 1999) is a popular Japanese blogging host, the third most popular video hosting service in Japan (after YouTube and Niconico), and a web hosting company headquartered in Las Vegas, Nevada. It is the sixth most popular website in Japan overall (as of January 2014). FC2 is an abbreviation of “Fantastic Kupi-Kupi (クピクピ)”. It is known to allow controversial adult content such as pornography and hate speech (unlike many of its competitors). The company uses rented office space for its headquarters which it shares with many other U.S.-based businesses. It also pays taxes in the United States. The physical servers are located in the United States. However, it is believed that the majority of the company and its users (including employees) are located within Japan” (Wikipedia)

The Alexa rank of fc2.com is 52 on February 18 2015. It is the toppest Japanese local website sevice.

(1) Vulnerability Description:

FC2 online web service has a computer cyber security bug problem. It can be exploited by Open Redirect (Unvalidated Redirects and Forwards) attacks. Here is the description of Open Redirect: “An open redirect is an application that takes a parameter and redirects a user to the parameter value without any validation. This vulnerability is used in phishing attacks to get users to visit malicious sites without realizing it.” One consequences of it is Phishing. (OWASP)

The program code flaw can be attacked without user login. Tests were performed on Microsoft IE (9 9.0.8112.16421) of Windows 7, Mozilla Firefox (37.0.2) & Google Chromium 42.0.2311 (64-bit) of Ubuntu (14.04.2),Apple Safari 6.1.6 of Mac OS X v10.9 Mavericks.

In fact, during the test, it is not hard to find URL Redirection bugs in FC2. Maybe fc2.com pays little attention to mitigate these Vulnerabilities. These bugs were found by using URFDS.

(2) Use one of webpages for the following tests. The webpage address is “http://securitypost.tumblr.com/“. Can suppose that this webpage is malicious.

Vulnerability Disclosure:
Those vulnerabilities were reported to Rakuten, they are still unpatched.

Discover and Reporter:
Wang Jing, Division of Mathematical Sciences (MAS), School of Physical and Mathematical Sciences (SPMS), Nanyang Technological University (NTU), Singapore. (@justqdjing)
http://www.tetraph.com/wangjing

==================

FC2オンラインWebサービスオープンリダイレクト(未検証のリダイレクトとフォワード)サイバー·セキュリティの脆弱性

ドメイン:
fc2.com

(1999年7月20日に設立)」FC2は、日本の人気ブログのホスト、(YouTubeやニコニコ後)は、日本で3番目に人気のビデオホスティングサービス、およびラスベガス、ネバダ州に本社を置くウェブホスティング会社です。それは第六最も人気のあります日本のウェブサイトは、全体的な。(2014年1月のように)FC2はの略で、「ファンタスティックKupi-Kupi(クピクピ)」。このようなポルノのような論争のアダルトコンテンツを許可し、(競合他社の多くとは異なり)スピーチを憎むことが知られています。」 (ウィキペディア)

fc2.comのAlexaのランクはそれがtoppest日本のローカルウェブサイトの流通サービスである2月18日2015年52あります。

(1)脆弱性の説明:

FC2オンラインWebサービスは、コンピュータのサイバーセキュリティバグの問題があります。それは、オープンリダイレクト(未検証のリダイレクトとフォワード)攻撃によって悪用される可能性があります。ここでオープンリダイレクトの説明は次のとおりです。「オープンリダイレクトがパラメータを受け取り、何の検証も行わずにパラメータ値にユーザーをリダイレクトするアプリケーションです。この脆弱性は、それを実現することなく、悪質なサイトを訪問するユーザーを取得するためにフィッシング攻撃で使用されています。。 “それの一つの結果はフィッシングで​​す。 (OWASP)

プログラムコードの欠陥は、ユーザのログインなしで攻撃される可能性があります。テストは、Windows 7のMicrosoftのIE(9 9.0.8112.16421)で行われた、Mozilla Firefoxの(37.0.2)&グーグルクロム42.0.2311のUbuntuの(64ビット)(14.04.2)はMac OSのアップルのSafari 6.1.6 X v10.9マーベリックス。

実際には、テスト時には、FC2内のURLリダイレクトのバグを見つけることは難しいことではありません。多分fc2.comは、これらの脆弱性を軽減するためにはほとんど注意を払っています。

(2)以下の試験のためのWebページのいずれかを使用します。ウェブページアドレスは「http://securitypost.tumblr.com/」です。このウェブページに悪意であるとすることができます。

脆弱性の公開:
これらの脆弱性は楽天に報告された、彼らはまだパッチを適用していないです。

発見し、レポーター:
王ジン (Wang Jing)、数理科学研究部門(MAS)、物理的および数理科学科(SPMS)、南洋理工大学(NTU)、シンガポール。 (@justqdjing
http://www.tetraph.com/wangjing

Advertisements

FC2 fc2.com Online Website URLs XSS (cross site scripting) Vulnerabilities (All URLs Under Domain blog.fc2.com/tag)

fki_21

 
FC2 fc2.com Online Website URLs XSS (cross site scripting) Vulnerabilities (All URLs Under Domain blog.fc2.com/tag)

 

Domain:
blog.fc2.com/

“FC2 (founded July 20, 1999) is a popular Japanese blogging host, the third most popular video hosting service in Japan (after YouTube and Niconico), and a web hosting company headquartered in Las Vegas, Nevada. It is the sixth most popular website in Japan overall (as of January 2014). FC2 is an abbreviation of “Fantastic Kupi-Kupi (クピクピ)”. It is known to allow controversial adult content such as pornography and hate speech (unlike many of its competitors). The company uses rented office space for its headquarters which it shares with many other U.S.-based businesses. It also pays taxes in the United States. The physical servers are located in the United States. However, it is believed that the majority of the company and its users (including employees) are located within Japan” (Wikipedia)

 

The Alexa rank of fc2.com is 52 on February 18 2015. It is the toppest Japanese local website sevice.

 

 

 fc2_blog_xss1

 

 

fc2_blog_xss2

 

 

 

(1) Vulnerability description:

FC2 has a computer cyber security bug problem. It is vulnerable to XSS attacks. Here is the description of XSS: “Hackers are constantly experimenting with a wide repertoire of hacking techniques to compromise websites and web applications and make off with a treasure trove of sensitive data including credit card numbers, social security numbers and even medical records. Cross-site Scripting (also known as XSS or CSS) is generally believed to be one of the most common application layer hacking techniques Cross-site Scripting allows an attacker to embed malicious JavaScript, VBScript, ActiveX, HTML, or Flash into a vulnerable dynamic page to fool the user, executing the script on his machine in order to gather data. The use of XSS might compromise private information, manipulate or steal cookies, create requests that can be mistaken for those of a valid user, or execute malicious code on the end-user systems. The data is usually formatted as a hyperlink containing malicious content and which is distributed over any possible means on the internet.” (Acunetix)

 

The programming code flaw occurs at fc2 URLs’ filenames . Fc2 only filter part of the filenames in the urls. Almost all urls are affected under domain blog.fc2.com/tag are affected. i.e.
http://blog.fc2.com/tag/drug/
http://blog.fc2.com/tag//アメリカ/
http://blog.fc2.com/tag/tag/翻訳
http://blog.fc2.com/tag//>レシピブログに参加中♪

 

The vulnerability can be attacked without user login. Tests were performed on Firefox (37.02) in Ubuntu (14.04) and IE (9.0.15) in Windows 7. The bugs found by using CSXDS.

 

POC Code:
http://blog.fc2.com/tag/drug//“><img src=x onerror=prompt(‘justqdjing’)>
http://blog.fc2.com/tag//アメリカ//“><img src=x onerror=prompt(‘justqdjing’)>
http://blog.fc2.com/tag/tag/翻訳//“><img src=x onerror=prompt(‘justqdjing’)>
http://blog.fc2.com/tag//>レシピブログに参加中//”><img src=x onerror=prompt(‘justqdjing’)>

 

 

 

Vulnerability Disclosure:
Those vulnerabilities were reported to rakuten-cert@rakuten.co.jp in 2014. No one replied. Until now, they are still unpatched.

 

 

Bug Discover:
Wang Jing, Division of Mathematical Sciences (MAS), School of Physical and Mathematical Sciences (SPMS), Nanyang Technological University (NTU), Singapore. (@justqdjing)
http://www.tetraph.com/wangjing

 

 

=================================

 

 

FC2 fc2.comオンラインのウェブサイトのURL XSS(クロスサイトスクリプティング)脆弱性(ドメインblog.fc2.com/tag下にあるすべてのURL)

 

ドメイン:
blog.fc2.com/

“FC2(エフシーツー)は、アメリカ合衆国ネバダ州ラスベガスに本社を置く、Webサービスおよびホスティングサービスを展開する企業。日本を中心に事業展開を行なっている。社名のFC2は「ファンタスティック・クピ・クピ」の略であるとしている。 会社の代表者は、設立当初から2008年までは日本人の高橋理洋(CEO)が務めたが、2009年からMaurice Bannon、2012年にはLance Wolff Kerness、2014年はDEREK G ROWLEYが務めている。” (ja.wikipedia.org)

 

 

(1)脆弱性の説明:

FC2は、コンピュータのサイバーセキュリティバグの問題があります。これは、XSS攻撃に対して脆弱です。ここでXSSの説明は次のとおりです。「ハッカーは常にWebサイトやWebアプリケーションを侵害し、クレジットカード番号、社会保障番号、さらには医療記録などの機密データの宝庫でオフにする技術をハッキングの幅広いレパートリーで実験されている4クロス。サイトスクリプティングは、(また、XSSやCSSとして知られる)は、一般のVBScript、ActiveXの、HTML、またはFlashはに対して脆弱動的ページに、攻撃者が悪意のあるJavaScriptを埋め込むことができ、最も一般的なアプリケーション層ハッキング技術クロスサイトスクリプティングの一つであると考えられていますデータを収集するために、自分のマシン上でスクリプトを実行して、ユーザーをだます。XSSの使用が有効なユーザーの方に誤解されるか、または最後に悪質なコードを実行できる要求を作成し、操作したり、クッキーを盗む、個人情報を危険にさらす可能性があります-userシステムでは、データは通常、悪質なコンテンツを含むハイパーリンクとしてフォーマットされ、インターネット上の任意の可能な手段を介して配布されています。」 (会社のAcunetix)

 

プログラミングコードの欠陥は、FC2のURL」のファイル名で発生します。 FC2は、URLだけでファイル名の一部をフィルタリングします。ほぼすべてのURLが影響を受けますblog.fc2.com/tagドメインの下に影響を受けています。すなわちhttp://blog.fc2.com/tag/drug/
http://blog.fc2.com/tag//アメリカ/
http://blog.fc2.com/tag/tag/翻訳
http://blog.fc2.com/tag//>レシピブログに参加中♪

 

この脆弱性は、ユーザのログインなしで攻撃される可能性があります。試験は、Windows 7でのUbuntuでのFirefox(37.02)(14.04)およびIE(9.0.15)で行いました。

 

 

POCコード:
http://blog.fc2.com/tag/drug//“><img SRC = X onerror = alert( ‘justqdjing’)>
http://blog.fc2.com/tag//アメリカ// “> <IMG src = X onerror = alert( ‘justqdjing’)>
http://blog.fc2.com/tag/tag/翻訳// “> <IMG src = X onerror = alert( ‘justqdjing’)>
http://blog.fc2.com/tag//>レシピブログに参加中// “> <IMG src = X onerror =alert( ‘justqdjing’)>

 

 

 

脆弱性の公開:
これらの脆弱性は誰も答えていない2014年にrakuten-cert@rakuten.co.jpすることが報告されました。今までは、彼らはまだパッチを適用していないです。

 

 

バグを発見:
王ジン (Wang Jing)、数理科学研究部門(MAS)、物理的および数理科学科(SPMS)、南洋理工大学(NTU)、シンガポール。 (@justqdjing
http://www.tetraph.com/wangjing

Rakuten Website Search Page XSS (cross site scripting) Web Security Vulnerability

rakuten_de_search_xss1

Rakuten Website Search Page XSS (cross site scripting) Web Security Vulnerability

“Rakuten, Inc. (楽天株式会社 Rakuten Kabushiki-gaisha?) is a Japanese electronic commerce and Internet company based in Tokyo, Japan. Its B2B2C e-commerce platform Rakuten Ichiba is the largest e-commerce site in Japan and among the world’s largest by sales. Hiroshi Mikitani founded the company in February 1997 as MDM, Inc., and is still its chief executive. Rakuten Shopping Mall (楽天市場 Rakuten Ichiba?) started operations in May 1997. In June 1999, the company changed its name to Rakuten, Inc. The Japanese word rakuten means optimism. In 2012, the company’s revenues totaled US$4.6 billion with operating profits of about US$244 million. In June 2013, Rakuten, Inc. reported it had a total of 10,351 employees worldwide. In 2005, Rakuten started expanding outside Japan, mainly through acquisitions and joint ventures. Its acquisitions include Buy.com (now Rakuten.com Shopping in the US), Priceminister (France), Ikeda (now Rakuten Brasil), Tradoria (now Rakuten Deutschland), Play.com (UK), Wuaki.tv (Spain), and Kobo Inc. (Canada). The company has investments in Pinterest, Ozon.ru, AHA Life, and Daily Grommet.” (Wikipedia)

 

The Alexa rank of rakuten.co.jp is 64 on May 29 2015. It is the second toppest Japanese local sevice website.




(1) Vulnerability description:

Rakuten has a computer cyber security bug problem. It is vulnerable to XSS attacks. Here is the description of XSS: “Cross-Site Scripting (XSS) attacks are a type of injection, in which malicious scripts are injected into otherwise benign and trusted web sites. XSS attacks occur when an attacker uses a web application to send malicious code, generally in the form of a browser side script, to a different end user. Flaws that allow these attacks to succeed are quite widespread and occur anywhere a web application uses input from a user within the output it generates without validating or encoding it.” (OWSAP)

 

The program code flaw occurs at “q” parameter in at “suchen/asd/?” pages, i.e.
http://www.rakuten.de/suchen/asd/?category_hierarchy=0&q=reddit_nice_music_news

 

The vulnerability can be attacked without user login. Tests were performed on Firefox (37.02) in Ubuntu (14.04) and IE (8.0. 7601) in Windows 7. The bugs found by using CSXDS.

 

POC Code:
http://www.rakuten.de/suchen/asd/?category_hierarchy=0&q=adcash_shopping_payment‘ /”><img src=x onerror=prompt(/justqdjing/)>

Vulnerability Disclosure:
Those vulnerabilities are patched now.

 

 

 

Discover and Reporter:
Wang Jing, Division of Mathematical Sciences (MAS), School of Physical and Mathematical Sciences (SPMS), Nanyang Technological University (NTU), Singapore. (@justqdjing)
http://www.tetraph.com/wangjing








===








楽天ウェブ検索ページXSS(クロスサイトスクリプティング)のWebセキュリティ脆弱性

 

ドメイン:
http://www.rakuten.de/

“楽天株式会社(らくてん、英: Rakuten, Inc.)は、ネットショッピングなどのインターネットサービスを運営している[日本の企業である。1997年に現会長兼社長の三木谷浩史が創業した。 インターネットショッピングモール「楽天市場」や総合旅行サイト「楽天トラベル」、ポータルサイト「インフォシーク」の運営その他ECサイトの運営を行う。東京証券取引所第一部上場企業(証券コード:4755)。グループ会員は9,977万人。” (ja.wikipedia.org)






(1)脆弱性の説明:

rakuten.deは、コンピュータのサイバーセキュリティバグの問題があります。これは、XSS攻撃に対して脆弱です。ここでXSSの説明です:「クロスサイトスクリプティング(XSS)攻撃は、悪意のあるスクリプトがそうでなければ良性と信頼できるWebサイトに注入された注入の種類、ある攻撃者が悪意のあるコードを送信するために、Webアプリケーションを使用する際にXSS攻撃が発生しました。 、一般的にブラウザ側スクリプトの形で、別のエンドユーザーに。これらの攻撃が成功することを可能に傷はかなり普及しているWebアプリケーションはそれを検証するか、エンコードせずに生成する出力内のユーザからの入力を使用して任意の場所に発生します。」 (OWSAP)

 

プログラムコードの欠陥は、に “Q”パラメータで発生する「suchen / ASD /? “ページ、すなわち、
http://www.rakuten.de/suchen/asd/?category_hierarchy=0&q=reddit_nice_music_news



この脆弱性は、ユーザのログインなしで攻撃される可能性があります。テストはWindows 7でのUbuntu(14.04)とIE​​(8.0。7601)にはFirefox(37.02)で行いました。




 

POCコード:
http://www.rakuten.de/suchen/asd/?category_hierarchy=0&q=adcash_shopping_payment ‘/ “> <IMG SRC = x onerror = alert(/ tetraph /)>




脆弱性の公開:
これらの脆弱性は、現在パッチが適用されます。

 

 

 

発見し、レポーター:
王ジン (Wang Jing)、数理科学研究部門(MAS)、物理的および数理科学科(SPMS)、南洋理工大学(NTU)、シンガポール。 (@justqdjing
http://www.tetraph.com/wangjing



Rakuten Online Website Open Redirect (URL Redirection) Cyber Security Vulnerabilities

rakuten_jp_1

 

Rakuten Online Website Open Redirect (URL Redirection) Cyber Security Vulnerabilities

 

Domain:
rakuten.com




“Rakuten, Inc. (楽天株式会社 Rakuten Kabushiki-gaisha?) is a Japanese electronic commerce and Internet company based in Tokyo, Japan. Its B2B2C e-commerce platform Rakuten Ichiba is the largest e-commerce site in Japan and among the world’s largest by sales. Hiroshi Mikitani founded the company in February 1997 as MDM, Inc., and is still its chief executive. Rakuten Shopping Mall (楽天市場 Rakuten Ichiba?) started operations in May 1997. In June 1999, the company changed its name to Rakuten, Inc. The Japanese word rakuten means optimism. In 2012, the company’s revenues totaled US$4.6 billion with operating profits of about US$244 million. In June 2013, Rakuten, Inc. reported it had a total of 10,351 employees worldwide. In 2005, Rakuten started expanding outside Japan, mainly through acquisitions and joint ventures. Its acquisitions include Buy.com (now Rakuten.com Shopping in the US), Priceminister (France), Ikeda (now Rakuten Brasil), Tradoria (now Rakuten Deutschland), Play.com (UK), Wuaki.tv (Spain), and Kobo Inc. (Canada). The company has investments in Pinterest, Ozon.ru, AHA Life, and Daily Grommet.” (Wikipedia)

 

The Alexa rank of rakuten.co.jp is 64 on May 29 2015. It is the second toppest Japanese local sevice website.




(1) Vulnerability Description:

Rakuten online website has a computer cyber security bug problem. It can be exploited by Open Redirect (Unvalidated Redirects and Forwards) attacks. Here is the description of Open Redirect: “A web application accepts a user-controlled input that specifies a link to an external site, and uses that link in a Redirect. This simplifies phishing attacks. An http parameter may contain a URL value and could cause the web application to redirect the request to the specified URL. By modifying the URL value to a malicious site, an attacker may successfully launch a phishing scam and steal user credentials. Because the server name in the modified link is identical to the original site, phishing attempts have a more trustworthy appearance.” (From CWE)

 

The program code flaw can be attacked without user login. Tests were performed on Microsoft IE (9 9.0.8112.16421) of Windows 7, Mozilla Firefox (37.0.2) & Google Chromium 42.0.2311 (64-bit) of Ubuntu (14.04.2),Apple Safari 6.1.6 of Mac OS X v10.9 Mavericks.

 

Since know only a little Japanese, not sure whether Rakuten pays much attention to Open Redirect Vulnerabilities or not. These bugs were found by using URFDS.

 

 

 

(2) Use one of webpages for the following tests. The webpage address is “http://itinfotech.tumblr.com/“. Can suppose that this webpage is malicious.

 

Vulnerable URL 1:

POC Code:

 

Vulnerable URL 2:

POC Code:

 

Vulnerable URL 3:

POC Code:

 

 

Vulnerability Disclosure:

Those vulnerabilities are not patched now.

 

 

 

Bug Discover:
Wang Jing, Division of Mathematical Sciences (MAS), School of Physical and Mathematical Sciences (SPMS), Nanyang Technological University (NTU), Singapore. (@justqdjing)
http://www.tetraph.com/wangjing

 

 

============

 

 

 

楽天オンラインサイトオープンリダイレクト(URLリダイレクション)サイバー·セキュリティの脆弱性

 

ドメイン:
rakuten.com




「楽天株式会社は、(楽天株式会社楽天株式会社-gaisha?)東京、日本に拠点を置く日本の電子商取引やインターネット企業です。そのB2B2Cの電子商取引プラットフォーム楽天市場は、日本最大の電子商取引サイトで、世界の中で販売による最大。三木谷浩史は、MDM、株式会社として1997年2月で会社を設立し、さらにその最高経営責任者(CEO)である。楽天ショッピングモール(楽天市場楽天市場?)1999年6月1997年5月で事業を開始し、同社は社名変更楽天株式会社に日本語ワード楽天楽観を意味している。2012年には、同社の売上高は、米国約US2.44億ドルの営業利益との46億ドルとなりました。2013年6月には、楽天株式会社は、それが世界中の10351名の従業員を有していたと報告した。で2005年、楽天は、主に買収や合弁事業を通じて、日本国外で拡大し始めた。その買収は、Buy.com(米国で今Rakuten.comショッピング)、Priceminister(フランス)、池田(現楽天ブラジル)、Tradoria(今楽天ドイツ)が挙げられます、Play.com(英国)、Wuaki.tv(スペイン)、およびコボ(カナダ)。同社はPinterest、Ozon.ru、AHA生活、毎日のグロメットで投資を行っている。」(ウィキペディア)

 

rakuten.co.jpのAlexaのランクは、第2 toppest日本の地方流通サービスのウェブサイトである5月29日2015年64あります。





(1)脆弱性の説明:

楽天のオンラインウェブサイトは、コンピュータのサイバーセキュリティバグの問題があります。それは、オープンリダイレクト(未検証のリダイレクトとフォワード)攻撃によって悪用される可能性があります。ここでオープンリダイレクトの説明は次のとおりです。「Webアプリケーションは外部サイトへのリンクを指定するユーザ制御入力を受け付け、リダイレクトでそのリンクを使用しています。これは、フィッシング攻撃を簡素化HTTPパラメータがURL値が含まれており、可能性があります。。指定されたURLに要求をリダイレクトするようにWebアプリケーションを引き起こす。悪質なサイトへのURLの値を変更することにより、攻撃者がフィッシング詐欺を起動し、ユーザーの資格情報を盗むことができる。変更されたリンク内のサーバー名が、元のサイトと同じであるため、フィッシングの試みは、より信頼性の高い外観を持っています。」 (CWEから)

 

プログラムコードの欠陥は、ユーザのログインなしで攻撃される可能性があります。テストは、Windows 7のMicrosoftのIE(9 9.0.8112.16421)で行われた、Mozilla Firefoxの(37.0.2)&グーグルクロム42.0.2311のUbuntuの(64ビット)(14.04.2)はMac OSのアップルのSafari 6.1.6 X v10.9マーベリックス。

 

楽天リダイレクトの脆弱性かどうかを開くために多くの注意を払っているかどうかわからない、少しだけ日本語を知っているので。

 




 

 

 

(2)以下の試験のためのWebページのいずれかを使用します。ウェブページアドレスは「http://itinfotech.tumblr.com/」です。このウェブページに悪意であるとすることができます。

 

脆弱URL 1:

POCコード:

 

脆弱URL 2:

POCコード:

 

脆弱URL 3:

POCコード:

 

 

脆弱性の公開:

これらの脆弱性は、現在パッチが適用されていません。

 

 

 

バグを発見:
王ジン (Wang Jing)、数理科学研究部門(MAS)、物理的および数理科学科(SPMS)、南洋理工大学(NTU)、シンガポール。 (@justqdjing
http://www.tetraph.com/wangjing



OAuthとOpenIDに深刻な脆弱性か–Facebookなど大手サイトに影響も

digital-security-padlock-protection-binary-virus-hack-malware

 

OpenSSLの脆弱性「Heartbleed」に続き、人気のオープンソースセキュリ ティソフトウェアでまた1つ大きな脆弱性が見つかった。今回、脆 弱性が見つかったのはログインツールの「OAuth」と「OpenID」で、これらのツールは多数のウェブサイトと、Google、Facebook、 Microsoft、LinkedInといったテクノロジ大手に使われている。

 

シンガポールにあるNanyang Technological University(南洋理工大学)で学ぶ博士課程の学生Wang Jing氏は、「Covert Redirect」という深刻な脆弱性によって、影響を受けるサイトのドメイン上でログイン用ポップアップ画面を偽装できることを発見した。Covert Redirectは、既知のエクスプロイトパラメータに基づいている。

 

たとえば、悪意あるフィッシングリンクをクリックすると、 Facebook内でポップアップウィンドウが開き、アプリを許可するよう求められる。 Covert Redirect脆弱性の場合、本物に似た偽ドメイン名を使ってユーザーをだますのではなく、本物のサイトアドレスを使って許可を求める。

 

ユーザーがログインの許可を選択すると、正当なウェブサイトではなく攻撃者に個人データが送られてしまう。渡される個人データは、何を要求されるかにもよるが、メールアドレス、誕生日、連絡先リスト、さらにはアカウント管理情報にも及ぶ可能性がある。

 

アプリを許可したかどうかにかかわらず、標的になったユーザーはその後、攻撃者が選ぶウェブサイトにリダイレクトされ、そこでさらなる攻撃を受ける可能性がある。

 

Wang 氏によると、すでにFacebookには連絡し、この脆弱性を報告したが、同社は「OAuth 2.0に関連するリスクは理解していた」と述べた上で、「当プラットフォーム上の各アプリケーションにホワイトリストの利用を強制することが難しい」た め、このバグを修正することは「短期間で達成できるものではない」と返答したという。

 

影響を受けるサイトはFacebookだけではない。Wang氏は、Google、LinkedIn、Microsoftにもこの件を報告したが、問題への対処についてさまざまな回答を受け取ったと述べている。

 

Google(OpenID を利用している)はWang氏に、現在この問題に取り組んでいると伝えた。LinkedInは、この件に関するブログを公開 したと述べた。一方でMicrosoftは、調査を行ったところ、脆弱性はサードパーティーのドメインに存在しており、自社サイトには存在しないと述べ た。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。



 

 

 

関連ニュース:
http://www.cnet.com/news/serious-security-flaw-in-oauth-and-openid-discovered/